ブルターニュ公城 2007年1月初旬に再オープン


15年も続いた修復工事の末、ついにナントにあるブルターニュ公城が2007年初旬に全面オープンします!

website Maison de la France

Chateau des Ducs de Bretagne

ナントにあるブルターニュ公城の修復工事が終了し、2007年1月初旬に一般公開が始まります。

花崗岩とスレートと白亜の巨大なブルターニュ公城は、1532年のフランス領へのブルターニュ公国併合以来、フランスの国王たちの住居となってきました。その古城も全面的に一般公開され、見学することができるようになります。街を見下ろす眺望を誇る城壁を一周することもでき、またこれまで閉鎖されていた2つの入り口からの出入りも可能となります。

公爵の住まい、そして後に王家の住まい、兵舎、博物館、占領ドイツ軍の掩蔽壕(えんぺいごう)として17世紀もの歴史を経たブルターニュ公城がこのような規模で修復されたのは今回が初めてのことです。

また、城内にナントの町と周辺地域を紹介する歴史博物館がオープンします。

800点ものコレクションが32の展示室で展示されます。城およびブルターニュ公国の歴史をはじめ、現在および将来のロワール河口地域、都市開発、港湾事業、産業活動などを紹介します。博物館内には随所にマルチメディア機器が備えられ、見学をより充実したものにしてくれます。

website Chateau des Ducs de Bretagne

website Office Tourisme Nantes Metropole

フランス語

Laisser un commentaire

Entrez vos coordonnées ci-dessous ou cliquez sur une icône pour vous connecter:

Logo WordPress.com

Vous commentez à l'aide de votre compte WordPress.com. Déconnexion / Changer )

Image Twitter

Vous commentez à l'aide de votre compte Twitter. Déconnexion / Changer )

Photo Facebook

Vous commentez à l'aide de votre compte Facebook. Déconnexion / Changer )

Photo Google+

Vous commentez à l'aide de votre compte Google+. Déconnexion / Changer )

Connexion à %s