Football: Junichi Inamoto rejoint le Stade Rennais 「稲本潤一:フランス1部リーグのスタッド・レンヌに移籍する。」


 L’international japonais (71 sélections) Junichi Inamoto a paraphé un contrat de deux saisons en faveur du Stade Rennais FC.

Ce milieu de terrain offensif, âgé de 29 ans, a déjà côtoyé Frédéric Antonetti lorsque celui-ci entraînait le Gamba Osaka (1998-1999). Il connaît également Carlos Bocanegra pour avoir évolué à ses côtés sous le maillot de Fulham (Premier League anglaise) entre 2002 et 2004. Le joueur évoluait jusqu’à présent à l’Eintracht Francfort (D1 allemande) où il venait de terminer son contrat, il n’y a donc pas d’indemnité de transfert. Inamoto est la deuxième recrue rennaise du mercato après l’arrivée du jeune castelsroussin Tongo Doumbia (19 ans).

Source: Ouest-France, 20 juin 2009

« Il y a une donnée qui est importante dans la venue d’Inamoto à Rennes, c’est le fait que Frédéric Antonetti l’a connu quand il était entraîneur de Gamba Osaka pendant la saison 1998-1999. Je me souviens qu’il me parlait du joueur, qui n’avait que 18 ans, avec des propos très élogieux. Il a toujours admiré ce joueur. Je me souviens quand il était entraîneur de Saint-Etienne, Frédéric souhaitait également le récupérer. Le voir arriver à Rennes n’est pas une grande surprise. », Philippe Troussier

Wikipedia: http://fr.wikipedia.org/wiki/Jun’ichi_Inamoto

稲本、仏レンヌへ移籍=サッカー元日本代表

【ロンドン19日時事】サッカーのフランス1部リーグ、レンヌは19日、今季までドイツ1部リーグのフランクフルトに所属したMF稲本潤一(29)と2年契約を結んだと発表した。

日本代表としてワールドカップ(W杯)に2大会出場した稲本はJ1のG大阪から2001年にアーセナル(イングランド)に加入して以来、期限付き移籍したカーディフ(イングランド)を含め、欧州で7クラブ目。フランクフルトには2シーズン在籍したが、今季は19試合の出場にとどまった。

レンヌは今季、リーグ7位。稲本がG大阪時代に監督を務めたアントネッティ氏が指揮を執っており、稲本はクラブの公式サイトで、「約2年、監督の下でプレーし、いい経験をした。また一緒に仕事をしたいと思っていた」などとコメントした。(Jiji)

 

来歴

6歳の時に大阪は堺市の青英学園SCでサッカーを始める。1997年、ガンバ大阪の下部組織からトップチームであるガンバ大阪に昇格し、17歳6ヶ月の当時最年少でJリーグ初出場。17歳7ヶ月で初得点している。

1999年には、FIFAワールドユースで準優勝を果たし、シドニーオリンピック・サッカー日本代表、A代表にも招集されてAFCアジアカップやFIFAコンフェデレーションズカップに出場。日本代表の主力選手に成長した。

2001年、以前Jリーグでクラブの監督をしていたアーセン・ベンゲルに見込まれて、イングランドプレミアリーグの強豪チームの一つアーセナルFCに移籍。しかし出場機会は、ほとんど得られなかった。

2002年、日韓W杯に初出場。ベルギー戦、ロシア戦で得点する。

W杯後、出場機会を求めてプレミアリーグのフラムにレンタル移籍した。この年はW杯での活躍などからバロンドールにノミネートされた(日本人としては中田英寿に次ぎ2人目)。UEFAカップ出場権を争うインタートト・カップのボローニャ戦で、欧州では日本人初のハットトリックを達成。完全移籍目前とも言われたが、2004年のイングランド戦で左足を骨折する重傷を負った事で交渉が決裂し解雇される。その後ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン、カーディフ・シティにレンタル移籍する。

2006年6月、ドイツW杯に招集される。第2戦のクロアチア戦の後半に途中出場。第3戦目のブラジル戦、稲本からの左サイドへのサイドチェンジは玉田圭司のゴールの起点となった。チームは2敗1分でグループリーグ突破はならなかった。2006-07シーズンはトルコ1部リーグのガラタサライに移籍。UEFAチャンピオンズリーグの本大会に出場し、2007-08シーズンも残留する予定であったが、監督退任に伴い退団する。

2007年5月、同期の高原直泰が当時所属していたドイツのブンデスリーガ、フランクフルトへ2年契約で移籍。移籍会見翌日にキリンカップのための日本代表合宿に合流し、オシムジャパン初招集となる。2009年6月、フランス1部リーグのスタッド・レンヌに移籍する。

プレースタイル

攻撃的ボランチと位置づけられることが多いが、守備能力は高く、特に、激しいタックルや後ろから相手選手のボールを奪うなど対人プレーに強く、高いボール奪取能力を持つ。攻撃面においては、パスを散らすタイプというよりも、三列目からの効果的な飛び出しや自らボールを奪いそのまま攻撃参加などダイナミックなプレーを特徴とし、ミドルシュートも強力である。

もともとプロになる前はトップ下を本職としていたが、同年代の小野伸二の華麗なプレーに衝撃を受けてボランチに転向した過去がある。攻撃的センスについては釜本邦茂も、「稲本は攻撃の選手。トップ下からボランチに下げるのではなく、フォワードに上げて育てるべきだった」と発言している。ボランチに転向以降はサイドチェンジの練習に取り組み、それによって自陣中盤の深い位置から敵陣逆サイドの深い位置に出すストレートのロングパスは稲本の強い武器になっている。

Blog: http://sports.nifty.com/ina/

ウィキペディア

Laisser un commentaire

Entrez vos coordonnées ci-dessous ou cliquez sur une icône pour vous connecter:

Logo WordPress.com

Vous commentez à l'aide de votre compte WordPress.com. Déconnexion / Changer )

Image Twitter

Vous commentez à l'aide de votre compte Twitter. Déconnexion / Changer )

Photo Facebook

Vous commentez à l'aide de votre compte Facebook. Déconnexion / Changer )

Photo Google+

Vous commentez à l'aide de votre compte Google+. Déconnexion / Changer )

Connexion à %s