「ブルトン人の言語」

ブルトン人の言語はインド・ヨーロッパ語族ケルト語派ブリタニック語群ブルターニュ語で、イギリスのウェールズ語に近く、ロマンス語系のフランス語とは全く異なる。フランス政府は地方の独自性を認めない中央集権的な言語政策を取り、学校教育を通じてフランス語が普及したため、ブルターニュ語は日常生活であまり使われなくなったが、近年は少数言語として復活の努力がなされている。

Panneaux bilingues

In English : web1, web2 + Wikipedia